セントウソウ

「セントウソウ」と書くと、なんだか戦いをイメージしてしまいますね
でも、とってもかわいらしい花です


e0305733_15051381.jpg


春の先頭をきって咲くから付いたという説には納得します(はい)

セントウソウ
セリ科セントウソウ属の小柄な草で、早春に花が咲く。柔らかで小柄な多年草である。
根茎は短くて分枝し、株立ちになる。葉は根出葉を多数だし、高さはせいぜい10cm。花は4-5月に咲く、真っ白な5枚花弁は先端がわずかに内側に曲がり、5本の白い雄蕊が突き出る。花茎は高さ10-30cm、密生する葉の上に抜き出て複散形花序をなし、苞葉はない。個々の花は小さくて目立たないが、白くてまとまってつくので、薄暗い林床では全体としてはよく目立つ。(ウィキペディア)


・体重  70.0kg
・体脂肪率 26.4%
・内臓脂肪レベル 12
・骨格筋率 31、6%
・体年齢 54
・基礎代謝 1591cal
・BMI 25.1
・万歩計 12000歩

エアロバイク 60分
バックプレス(肩の筋肉) 30kg×15回 40kg×10回 47.5kg×12回         
ダンベルプレス(肩の筋肉)11.25kg×2×10回  16.25kg×2×15回       
             17.5kg×2×12回 17.5kg×2×10回 
             17.5kg×2×9回 
サイドレイズ(肩の筋肉) 11.25kg×2個×7回                                                         
クローズグリップベンチプレス(上腕三頭筋の筋肉)37.5kg×10回 
         52.5kg×14回 52.5kg×12回 52.5kg×10回 
フレンチプレス(上腕三頭筋の筋肉)27.5kg×7回  27.5kg×6回 
                 27.5kg×5回
背筋 1種目×3










[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-23 15:17 | 山野の花 | Comments(0)

朽ち果てていく神社仏閣


見つけることはできたものの……
そこにあったのは、朽ち果てた拝殿でした
それでも建物はしっかり立っていましたが

以前、「土器山
で見た中宮は、倒れていました

よくマスコミで話題になるのが、
お寺の檀家が減って維持していくのが大変である、ということですが
神社も同じことが起こっていますね
この地区も数軒しかないようで、とても神社を管理できる状態ではないでしょう
同じことは、日本各地で起こっているのでしょうね



・体重  70.7kg
・万歩計 16000歩
エアロバイク 30分 65分
ストレッチ






[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-22 05:17 | 寺社 | Comments(0)

バイカイカリソウ

毎年、4月になると「天山」で楽しませてもらっている
バイカイカリソウ
まだ3月中旬だというのに、平地ではたくさん咲いていました


e0305733_06182764.jpg


やはり山と平地では全然違うのですね~



バイカイカリソウ(梅花碇草)
メギ科イカリソウ属の多年草。茎の高さは20-30cmになる。葉は葉柄が長く、小葉は長さ2.5-5cm、幅2-3.5cm、ゆがんだ卵状から卵状楕円形で、先端は鈍頭、基部は心形でやや斜形、縁は刺状の毛が無いか、あっても基部の耳部だけに少しあり、小葉に小葉柄がある。
花期は4-5月頃。茎先に総状花序を出し、やや下垂して径10-12mmの白色の花を数個つける。萼片は内外2列で8個あるが、外側の4個の外萼片は膜質、小型で早く落ち、4個の内萼片は卵状披針形で花弁状になり、花弁と同じ長さになる。花弁は4個あり、倒卵形で先端は鈍形で長さ6mm、基部にはイカリソウ属の特徴である碇状の距がなく、蜜腺がない。雄蕊は4個、雌蕊は1個ある
日本固有種。本州(中国地方)、四国、九州の暖帯から温帯に分布し、山地の林内、林縁に生育する
和名バイカイカリソウは、「梅花碇草」の意で、花に距が無く、形がウメの花に似る碇草であることによる。





・体重  71.3kg
・体脂肪率 25.4%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 3124%
・体年齢 55
・基礎代謝 1619cal
・BMI 25.6
・万歩計 15000歩

エアロバイク 90分








[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-21 06:46 | 山野の花 | Comments(0)

日本最古の気象台

先日参拝した「綾部神社」
御朱印をもらったのですが、それを見てびっくり


e0305733_09142861.jpg



日本最古気象台と記入されていました??  どういうことなんだろう?



綾部神社
日本最古の気象台  
綾部神社は中原校区綾部地区にある歴史ある神社の一つです。
日本最古の天気予報といわれる「旗上げ神事」「旗降し神事」では、旗のなびき具合で風雨の襲来や農産物の豊凶を占います。


由来
平安朝村上天皇大暦5年夏綾部郡風水害の折り、隆信沙門という傑僧が九千部山頂に於いて風神に祈念し法華経九千部を読誦して殉じたと言う。よってその徳をしのび九千部山の風神二柱を合祀したのである。
以来、神木に麻旗を掲げ天気を予知する便りとした。これは日本最古の気象台で日本三旗の一つである。これより風神は農業の神として大いに崇敬されて今日に至る。」(境内由来縁起より)

神木に旗を上げて天気を予知していたんだ(納得)






・体重  71.3kg
・万歩計 15000歩
ストレッチ
ベンチプレス(胸の筋肉)30kg×15回 45kg×15回 55kg×10回 
            65kg×5回 72.5kg×12回 72.5kg×11回       
            70kg×11回 
ワイドグリップベンチプレス(胸の筋肉) 62.5kg×10回 60kg×10回 
ナロ―グリップベンチプレス(胸の筋肉) 57.5kg×13回 60kg×9回
フライ(胸の筋肉)11.25kg×2個×10回 10回 
腹筋 2種目







[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-20 09:25 | 寺社 | Comments(0)

末盧國

18日(土)は、山に行こうかと思っていましたが
唐津市浜玉町で「末盧國自叙伝」が開催されていましたので
そちらに出かけてきました。

e0305733_06302179.jpg

会場の浜玉町ひれふりランドです





e0305733_06311465.jpg

e0305733_06303698.jpg

看板とポスター





e0305733_06312517.jpg

パンフレット



1日いましたが、午前中の講演は大先生で
何度も読んだことのある内容で、ちょっと退屈しましたが
ごごのシンポジュウムは、新進気鋭の方々の新しい話が聞けて
かなり勉強になりました(はい)





・体重  70.3kg
・体脂肪率 26.6%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 31.4%
・体年齢 55
・基礎代謝 15914cal
・BMI 25.2
・万歩計 1700歩

一日中座っていたので、歩いていませんね~






[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-19 06:40 | 古墳・遺跡 | Comments(0)