雷電為衛門

2010年11月18日 (木)の日記より

大関 雷電為衛門

前回、大横綱 「谷風梶之助」 を紹介しましたので、

続きとして、
今回はどうしてもこの人、史上最強の力士と言われている
 「雷電為衛門」 
を紹介しないわけにはいかないでしょう。

出身地・長野県
身長約197cm、体重約170kg  
男性の平均身長が155cmと、肉食の習慣のなかった江戸時代においては
この体格はけた外れだったでしょう(凄い)

少年期からその巨体と怪力で知られた雷電は、15歳の時に大名行列の前に立ち往生した荷車を担いで
行列を通したという逸話を残し江戸へ

そして、江戸ではあの大横綱 「谷風梶之助」 の預り弟子となり、松江藩松平家に抱えられます。
(現在と違うこのあたりの習慣はよくわかりません?)

残した成績は優勝相当28回
(年2場所の時代ですからこれはすごい!  双葉山の時代も年2場所ですが優勝回数は12回にとどまっています。)


e0305733_722724.jpg

通算成績254勝10敗2分14預5無勝負41休、勝率9割6分2厘
(雷電が史上最強の力士といわれている第一の理由はこの圧倒的な勝率です)
その他に9連覇、7連覇の驚異的な記録を残していますが、連勝は少なく44連勝にとどまっています。 

この圧倒的な強さから、雷電は「張り手」「鉄砲」「かんぬき」「鯖折」が禁止されたとの伝説があります。(たぶん事実ではないだろうという意見が多いですが)

しかし、雷電が横綱になれなかった謎ですが……、
これにも諸説がありどれが本当なのか私にはわかりません。

また、雷電は当時の相撲取りとしては高い教養を持ち、いくつかの文献を残していますが 
現在、これらの文献は当時の江戸風俗を知る貴重な資料となっているようです。




・体重  72.8g
・体脂肪率  26.7% 
・内臓脂肪レベル  14
・骨格筋率  31.6%
・体年齢  55 
・基礎代謝  1635kcai
・BMI  26.1


ウォーキング 30分
腕立て伏せ 30回
倒立腕立て伏せ 8回
腹筋 45回 
背筋 1種目
[PR]
by massuru2013 | 2015-01-29 07:09 | Comments(0)