オオキツネノカミソリ

e0305733_07201721.jpg
この季節になると見たくなる花の一つ
「オオキツネノカミソリ」
先週 「多良岳」 へ観賞に出かけましたが
今週は地元の 「八幡岳」 へ行ってきました

昨年、腰の手術をした後だったので観れなかったのですが
今年はすでに2ヶ所観に行けて、健康の大切さをつくづく感じています
一番人気の 「井原山」 には?   行けないだろうな(たぶん)


オオキツネノカミソリ
ヒガンバナ科のヒガンバナ属の多年草。キツネノカミソリの変種とされ、 和名の由来は、葉の形を剃刀に見立て、花の色を狐に見立てたものである。 ヒガンバナと同じように花の咲くころには葉はなく、茎が伸びて花だけが咲く。背丈は30~50cmで夏(7~8月)にオレンジ色の花を付ける。花がキツネノカミソリより大型で、おしべが花より突き出しているのが特徴。本州の関東以西と九州のブナ等の落葉樹林帯に群生して咲く。





・体重  70.3kg
・体脂肪率  25.0% 
・内臓脂肪レベル  12
・骨格筋率  32.8%
・体年齢  52 
・基礎代謝  1607kcal
・BMI  25.2

2時間半程度の山歩き、花散策



















[PR]
by massuru2013 | 2015-08-02 08:00 | 山野の花 | Comments(0)