マリーゴールド

トレニアの中にひっそりと咲いているマリーゴールドさん
今はまだまだ遠慮しているようですが
寒さに強いので、これからどんどん元気をだしてきそうな感じです

e0305733_6191435.jpg

e0305733_6184145.jpg




マリーゴールド
「聖母マリアの黄金」の意。マリーゴールドの名前は元々、キク科でも別属の植物「キンセンカ(カレンデュラ)」に対する呼び名で、日本には江戸時代前半に渡来。大きく分けて、アフリカン種とフレンチ種があり、性質に大きな違いはないものの、草姿、草丈や耐暑性が異なる。
アフリカン種
一般的に大型種が多く、草丈は50cm-2mになり、鉢植えにはあまり向かない。大きく茂って他の植物を隠してしまうので、花壇に植えるなら後方。
フレンチ種 
草丈が15cm-40cmほどの小~中型種が多く、鉢やプランター植えに適している。花壇に植えるなら前方。暑さに弱く30℃を超すと花が咲かなくなる。





・体重  68.7kg
・体脂肪率  25.2% 
・内臓脂肪レベル  12
・骨格筋率  32.6%
・体年齢  52 
・基礎代謝  1579kcal
・BMI  24.6

ウォーキング 30分 30分
腹筋 50回 その他2種目
懸垂 順手6回、3回、3回 逆手4回、3回











[PR]
by massuru2013 | 2015-10-07 06:56 | 庭の花 | Comments(0)