やすらかに田部井さん

先日、ミスターラグビーと言われた平尾誠二さんが亡くなられましたが
今度は女性登山家として有名な田部井淳子さんが亡くなられたというニュースが


田部井 淳子(たべい じゅんこ、1939年9月22日 - 2016年10月20日)
日本の登山家。女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功したことで知られる。福島県田村郡三春町出身

1975年、エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長として、世界最高峰エベレスト8848m(ネパール名:サガルマータ、チベット名:チョモランマ)に女性世界初の登頂に成功。ネパール王国から最高勲章グルカ・ダクシン・バフ賞、文部省スポーツ功労賞、日本スポーツ賞、朝日体育賞。
1988年、福島県民栄誉賞第1号、埼玉県民栄誉賞、川越市民栄誉賞、三春町名誉町民、エイボンスポーツ賞
1992年、1988年のマッキンリー、1991年のビンソンマシフに次いでエルブルス山に登頂し、女性で世界初の七大陸最高峰登頂者となる。文部省スポーツ功労賞。
1995年、内閣総理大臣賞。


登山で「もうダメだ」と思ったときが三度あり、いずれも雪崩に巻き込まれたときである。一回目はエベレストの第二キャンプ(6500m)でテントごと雪崩に埋められ、二度目は1986年にポベーダ山(トムール)の雪崩で600m流され、三度目は、その夜に再び近くを通過した雪崩の爆風に襲われ、テントごと吹き飛ばされた。ポペーダ山では1999年に登ったときにも雪崩がテントを襲ったが、早朝に出発していたため助かった。
(ウィキペディア)

温和な表情からは想像できないような闘志で、数々の高峰に挑戦されていたんですね~
さらに、男性登山家の野口さんもですが、晩年は環境問題にも取り組まれ、2007年には環境大臣賞を受賞

2012年にガンを再発されて、余命3ヶ月と宣告されても
「病気になっても病人にはならない」
と登山を続けられ、今年7月に最後の登山となった富士山は、東日本大震災被災者への支援活動として東北地方の高校生らとともに登られています。

環境問題、被災者支援、エベレスト登頂以上に素晴らしいことだと思います
ご冥福をお祈りいたします





・体重  71.9kg
・体脂肪率 26.0%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 32.0%
・体年齢 55
・基礎代謝 1625kcal
・BMI 25.8
・万歩計 5000歩


[PR]
Commented by 悟空さん at 2016-10-24 12:21 x
こんにちは^^私もショックでした。
とても尊敬する登山家ですしすごい事を成し遂げてる方なのに
すごく謙虚で話し方も穏やかで大好きでした。
余命3ヶ月からのこの時間はすごいですよね。
Commented by massuru2013 at 2016-10-24 20:40
こんばんは
いやな天気ですね~
今日の青空の素晴らしかったこと……、来週こそはです!

田部井淳子さん  惜しい方を亡くしましたね
テレビでしか見たことはありませんが、本当に普通のおばちゃんという感じでしたから
「名を成し遂げても謙虚に」
見習いたいですね、と言っても、名を成し遂げることはありませんが(笑)
by massuru2013 | 2016-10-23 07:46 | 日々のこと | Comments(2)