萩焼

萩焼のぐい呑みを買ったので、ちょっと歴史を調べてみました。


萩焼
萩焼は慶長9年(1604年)に藩主毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工、李勺光(山村家、後に断絶)李敬(坂家)の兄弟が城下で御用窯を築いたのが始まりとされる。よって当初は朝鮮半島の高麗茶碗に似ており、手法も形状も同じものを用いていた。坂家の三代までを古萩といい、萩焼の黄金時代である。後に兄弟はそれぞれ別々の流派を生み出した。一方で、明治期より苦境に立たされており、その時に休雪が休雪白という独特の作風を確立するなどして萩焼を中興している。(ウィキペディア)


e0305733_07461223.jpg
e0305733_07462835.jpg









・体重  71.9kg
・体脂肪率 26.7%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 31.5%
・体年齢 56
・基礎代謝 1620kcal
・BMI 25.8
・万歩計 12000歩







[PR]
by massuru2013 | 2016-12-10 08:42 | | Comments(0)