サルトリイバラ

冬の山で見かける真っ赤な実
e0305733_07070020.jpg
見かけると、思わずカメラを向けてしまいます
ただ、とげがあるので写す時には近づきすぎないようにしないと(うん)


サルトリイバラ(猿捕茨)
サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属に分類される多年生植物(半低木)。漢語で「菝葜」と書く。草丈70〜350cmほどで、這うように伸び、茎は硬く緑色で、棘が所々に生える。果実は直径7mm程度の球形の液果で、秋に熟すと赤くなる。      
東アジア(中国、朝鮮半島、日本)に分布する。日本では北海道から九州までの山野や丘陵の林縁などに自生し、日が当たり水はけのよい場所を好む。中国では近縁種のサンキライも自生する。根茎は薬用に使われる。
四国地方などの関西圏以南では、葉を柏餅を包むのに用いる。
(ウィキペディア)




・体重  73.8kg

・万歩計 800歩







[PR]
Commented by yamabakanikki at 2016-12-26 20:51
こんばんは~☆
 綺麗ですが、要注意!
 キレイな棘には、刺がある。
 そのまんまでした、大変 失礼を・・・(笑)
 忘年会減りました(昔)5回程 ⇒(今年)1回
Commented by massuru2013 at 2016-12-27 07:37
おはようございます
面白いことわざができましたね(笑)

山馬鹿さんも忘年会減らされたんですね
あの楽しい盛り上がりよりも
帰りがおっくうになってきたんですよね~
家で飲むと、そのまま、ごそごそと布団まで数mの移動ですみますから
いやですね~ 年を取るということは(^^;)
by massuru2013 | 2016-12-26 07:16 | 山野の花 | Comments(2)