マンサク

春ですね~  天山にマンサクが咲いていました

e0305733_10120344.jpg

マンサク(満作、万作、金縷梅、学名: Hamamelis japonica)
マンサク科マンサク属の落葉小高木。
マンサクの語源は明らかでないが、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれている。2-3月に葉に先駆けて花が咲く。花にはがく、花弁と雄蕊および仮雄蕊が4個ずつあり、雌蕊は2本の花柱を持つ。がくは赤褐色または緑色で円い。花弁は黄色で長さ1.5cmほどの細長いひも状になる。


アテツマンサク (天山に咲くのはアテツマンサクです。)
中国・四国地方(愛媛県)に分布する変種。萼片が黄色(マンサクの萼片は暗紫色)。葉の両面に星状毛がある。環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧(NT)。「アテツ」は岡山県の旧阿哲郡から。
(ウィキペディア)



・体重  71.5kg
・万歩計 12500歩
3時間弱の山歩き












[PR]
by massuru2013 | 2017-03-05 10:23 | 山野の花 | Comments(0)