日本最古の気象台

先日参拝した「綾部神社」
御朱印をもらったのですが、それを見てびっくり


e0305733_09142861.jpg



日本最古気象台と記入されていました??  どういうことなんだろう?



綾部神社
日本最古の気象台  
綾部神社は中原校区綾部地区にある歴史ある神社の一つです。
日本最古の天気予報といわれる「旗上げ神事」「旗降し神事」では、旗のなびき具合で風雨の襲来や農産物の豊凶を占います。


由来
平安朝村上天皇大暦5年夏綾部郡風水害の折り、隆信沙門という傑僧が九千部山頂に於いて風神に祈念し法華経九千部を読誦して殉じたと言う。よってその徳をしのび九千部山の風神二柱を合祀したのである。
以来、神木に麻旗を掲げ天気を予知する便りとした。これは日本最古の気象台で日本三旗の一つである。これより風神は農業の神として大いに崇敬されて今日に至る。」(境内由来縁起より)

神木に旗を上げて天気を予知していたんだ(納得)






・体重  71.3kg
・万歩計 15000歩
ストレッチ
ベンチプレス(胸の筋肉)30kg×15回 45kg×15回 55kg×10回 
            65kg×5回 72.5kg×12回 72.5kg×11回       
            70kg×11回 
ワイドグリップベンチプレス(胸の筋肉) 62.5kg×10回 60kg×10回 
ナロ―グリップベンチプレス(胸の筋肉) 57.5kg×13回 60kg×9回
フライ(胸の筋肉)11.25kg×2個×10回 10回 
腹筋 2種目







[PR]
by massuru2013 | 2017-03-20 09:25 | 寺社 | Comments(0)