2016年 08月 07日 ( 1 )

山は初秋に

天山で「マツムシソウ」が咲きだしました
平地は連日の猛暑ですが
山は秋の気配が感じられ始めています

たぶん、夜はかなり冷え込むんでしょうね

e0305733_746548.jpg

e0305733_7473199.jpg





マツムシソウ
 マツムシソウ科マツムシソウ属の越年草・多年草。北海道、本州、四国、九州に分布する日本の固有種で、山地の草原に生育する。草丈はおよそ60-90 cmで、葉は対生し、羽状に裂ける。夏から秋にかけて紫色の花をつける。花は頭状花序で、花の大きさは径4 cmほどである。
 開花時期は、8~10月。葉を出して冬を越し、花を付けてから枯れる冬型一年草(越年草)だが、高地では枯れずに2年目の葉を出す多年草である。
 マツムシ(スズムシ)が鳴くころに咲くことが和名の由来であるとする説がある。薬草として皮膚病などに用いられることもある。(ウィキペディア)






・体重  70.0kg
・体脂肪率  25.4% 
・内臓脂肪レベル  12
・骨格筋率  32.5%
・体年齢  53
・基礎代謝  1599kcal
・BMI  25.1
・ 万歩計 17000歩

ウォーキング 30分
3時間半程度の、山歩き、花散策






 
[PR]
by massuru2013 | 2016-08-07 07:53 | 山野の花 | Comments(0)