2016年 09月 23日 ( 1 )

センブリ

「千回振り出してもまだ苦い」
名前の由来ですが、食べたことがないので私にはわかりません
でも、花はきれいなんですよね~
ずっと咲き続けてほしいと思っていますが
胃の薬になるということで、根こそぎ持っていかれることがあります

e0305733_06010986.jpg




センブリ
リンドウ科センブリ属の二年草。薬草として利用され、生薬名及び別名は当薬(とうやく)という。中国、朝鮮半島、日本に分布する。
日本では、北海道西南部、本州、四国、九州にかけて広く分布し、日当たりの良く、やや湿り気のある山野の草地に生育する。草丈は普通5-30 cm。茎は薄紫色を帯び、太さは1-2 mmで断面は四角く、直立し根元から数本に分かれて生える。1-3 cmほどの細長い線形の葉が対生する。発芽した芽がロゼット状の根生葉となりそのまま越冬し、翌年の8-11月に多数の花を咲かせる。白い花冠は深く5裂し、縦に紫色の線があり、基部に蜜腺溝がある。蜜腺の周囲には細い毛が生える。5枚の萼片は、線形で尖り、長さは5-11 mm。朔果は花冠よし少し長く、種子はやや円い。根は黄色を帯びる。花、葉、茎、根はすべて苦い。
(ウィキペディア)






・体重  71.6g
・体脂肪率 25.6%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 32.4%
・体年齢 55
・基礎代謝 1624cal
・BMI 25.7
・万歩計 3000歩




[PR]
by massuru2013 | 2016-09-23 06:19 | 山野の花 | Comments(0)