2017年 03月 04日 ( 1 )

弁財天信仰

鬼の鼻山~聖岳縦走をするとわかりますが
佐賀県は「弁財天信仰」が盛んだったことがわかります

e0305733_07003846.jpg
                                   (縦走路最高地点にある、福寿山の弁財天様)


e0305733_07005193.jpg
                                           (その隣山は弁天山です)


e0305733_06532072.jpg

e0305733_06533274.jpg
                                       (弁天様を祀った「聖岳」の聖神社)


「天山」も弁財天様だし、「脊振山」もそうです。



弁才天(べんざいてん)は、仏教の守護神である天部の一つ。ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー(Sarasvatī)が、仏教に取り込まれた呼び名である。神仏習合によって神道にも取り込まれ、様々な日本的変容を遂げた。
経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」だが、日本では後に財宝神としての性格が付与され、「才」が「財」の音に通じることから「弁財天」と表記する場合も多い。
日本の弁才天は、吉祥天その他の様々な神の一面を吸収し、インドや中国とは微妙に異なる特質をもち、本地垂迹では日本神話に登場する宗像三女神の一柱である市杵嶋姫命(いちきしまひめ)と同一視される。
「七福神」の一員として宝船に乗り、縁起物にもなっている。
元来インドの河神であることから、平安初期から末期にかけて仏僧が日本各地で活躍した水に関する事蹟(井戸、溜池、河川の治水など)に、また日本各地の水神や、記紀神話の代表的な海上神の市杵嶋姫命(宗像三女神)と神仏習合して、泉、島、港湾の入り口などに、弁天社や弁天堂として数多く祀。
明治の神仏分離の際に多くは神社となった。元々弁才天を祭神としていたが現在は市杵嶋姫命として祀る神社としては、奈良県の天河大弁財天社などがある。神奈川県の江島神社は主祭神を宗像三女神に改め、弁才天は摂社で祀られる。(ウィキペディア)

でも、なぜ佐賀県地方で信仰が盛んになったのかはわかりませんでした
今後の課題です(はい)


・体重  70.6kg
・体脂肪率 27.3%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 30.8%
・体年齢 56
・基礎代謝 1593kcal
・BMI 25.3
・万歩計 12000歩

エアロバイク 40分
バーベルベントロー(広背筋)27.5kg×15回 37.5kg×10回 45kg×13回 
              45kg×13回 45kg×10回 
リバースバーベルベントロー(広背筋)40kg×16回 40kg×14回
                  40kg×12回
アップライトロウ(僧帽筋)22.5kg×10回 32.5kg×9回 32.5kg×8回
バーベルカール(上腕二頭筋の筋肉) 32.5kg×10回 32.5kg×8回
コンセントレーションカール(上腕二頭筋の筋肉) 右 8.75kg×13回 
                        左 8.75kg×14回 
腹筋 1種目






[PR]
by massuru2013 | 2017-03-04 07:52 | 寺社 | Comments(0)