カテゴリ:山野の花( 89 )

角島大橋を渡ってからは、「ダルマギク」の群生地へ
お初の花との出会いでした!(^^)!

時期が少し外れているので、会えるかな~
と心配していましたが、杞憂に終わりました。


e0305733_06471634.jpg
e0305733_06473462.jpg





・体重  72.9kg
・体脂肪率 25.5%
・内臓脂肪レベル 14
・骨格筋率 32.4%
・体年齢 56
・基礎代謝 1645kcal
・BMI 26.1
・万歩計 12000歩







[PR]
by massuru2013 | 2016-12-07 06:49 | 山野の花 | Comments(0)

笹刈り

天山の花が危機的な状況になる理由として
 ・盗掘
 ・生い茂る笹の圧迫
があります。

ひとつめは、個々の登山者が盗掘はいけないことだと自覚してもらうしかありませんし、ふたつめは、自然が相手なので非常に厳しいです
しかし、その厳しさに立ち向かっておられるのが、「天山の自然を守る会」の方々です。

先日登った時に、きれいに刈られていました

e0305733_06484038.jpg
効果はかなり出てきていて、たくさんの花がこの場所に咲いています
そして、シーズンにはその花を観賞するためにたくさんの方々が登られ
ちょっとした ”天山ブーム” が起こっています

寒い中大変だったでしょう。本当にありがとうございます<(_ _)>





・体重  71.5kg
・体脂肪率 25.0%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 32.8%
・体年齢 54
・基礎代謝 1626kcal
・BMI 25.6
・万歩計 12000歩





[PR]
by massuru2013 | 2016-11-30 07:02 | 山野の花 | Comments(2)

キッコウハグマ


e0305733_04242070.jpg


開いた花はとっても美しいのですが
それ以外に、閉鎖花といって花を咲かせないものがたくさんある
不思議な植物です


e0305733_04253654.jpg
                                    (閉鎖花)






キッコウハグマ
 キク科モミジハグマ属の多年草。茎は直立し、高さは10-30cmになる。葉は、葉身の約2倍の長さになる葉柄があり、葉身は長さ1-3cmの心形、まれに腎形または卵形で、5角形になり、または5浅裂し、葉の両面に長い毛が生える。
花期は9-10月。頭花は3個の筒状花からなり、花冠は白色で5裂し、花冠の長さは9mm、筒部は4.5mmになる。各頭花は3個の小花が合体し、一見15裂した白い裂片と3個の雌蕊からなる一輪の花のように見える。しばしば閉鎖花をつける。
 日本では、北海道南部、本州、四国、九州に分布し、低山から山地の森林内のやや乾いた木陰に生育する。一面にコケの生えた様な場所に多く、それに沈む様にして生えるのもよく見かける。小柄なので、花が咲いたときだけ目立つ。
キッコウハグマは、「亀甲白熊」のことで、「亀甲(きっこう)」は、葉が5角形で、これを亀の甲羅、「亀甲」に見立てた。また、「白熊(はぐま)」とは、ヤクの尾の毛でつくった飾りをいい、兜、槍の白い飾りや僧が使う払子に使われた。花冠の細長い裂片のようすを白熊(はぐま)に見立てた。




・体重  73.2kg
・体脂肪率 23.9%
・内臓脂肪レベル 14
・骨格筋率 33.4%
・体年齢 55
・基礎代謝 1661kcal
・BMI 26.2
・万歩計 3800歩









[PR]
by massuru2013 | 2016-10-17 04:45 | 山野の花 | Comments(0)

フクオウソウ

雲仙でも見かけますが
秋になると九重でよく見かける花で、結構遅くまで咲いています


e0305733_05562546.jpg
長い蕊が印象的ですね~
ただ、風が強い日は写すのが大変なんですよね(うん)


フクオウソウ
 キク科フクオウソウ属の多年草。茎の高さは35-100cmになり、全体に腺毛が多い。葉は茎の下部に集まり、葉身は円心形で掌状に3-7裂し、幅、長さとも6-10cm、縁には粗い鋸歯がある。花期は8-9月。花の径は1.5cmで紫白色。横から下向きに咲き、本州、四国、九州に分布し、山地の林下に自生する。
 和名は、三重県菰野町の福王山に由来する。(ウィキペディア)





・体重  71.9kg
・体脂肪率 25.1%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 32.6%
・体年齢 55
・基礎代謝 1632kcal
・BMI 25.8
・万歩計 13000歩

ウォーキング 30分






[PR]
by massuru2013 | 2016-10-13 06:04 | 山野の花 | Comments(2)

九重のコケモモ

かわいらしい赤い実が印象的です

e0305733_06064182.jpg
でも、国の天然記念物なんですよ~

花もとってもかわいいです
ミヤマキリシマと同じころに咲きますので、一緒に楽しませてもらえます
でも、花が小さいので、ミヤマに夢中な方の目には留まらないかも





・体重  72.3kg
・体脂肪率 24.9%
・内臓脂肪レベル 14
・骨格筋率 32.8%
・体年齢 55
・基礎代謝 1640kcal
・BMI 25.9
・万歩計 3000歩

ウォーキング 30分






[PR]
by massuru2013 | 2016-10-12 06:14 | 山野の花 | Comments(0)

リンドウ

まさしく秋の代名詞のような花です

色が鮮やかで、とても人気があり
現在が旬なので、天山には多くの方々が愛でに来られています

e0305733_08075570.jpg



リンドウ
 リンドウ科リンドウ属の多年生植物である。本州から四国・九州の湿った野山に自生する。花期は秋。花は晴天の時だけ開き、釣り鐘型のきれいな紫色で、茎の先に上向きにいくつも咲かせる。高さは50cmほど。葉は細長く、対生につく。
 かつては水田周辺の草地やため池の堤防などにリンドウやアキノキリンソウなどの草花がたくさん自生していたが、それは農業との関係で定期的に草刈りがなされ、草丈が低い状態に保たれていたためだった。近年、そのような手入れのはいる場所が少なくなったため、リンドウをはじめこれらの植物は見る機会が少なくなってしまい、リンドウを探すことも難しくなってしまっている。(ウィキペディア)





・体重  71.5g
・体脂肪率 26.8%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 31.4%
・体年齢 56
・基礎代謝 1613kcal
・BMI 25.6
・万歩計 13000歩

ウォーキング 30分







[PR]
by massuru2013 | 2016-10-08 08:16 | 山野の花 | Comments(0)

彼岸花

秋のお彼岸に、忘れずに毎年花を付ける「彼岸花」

e0305733_05580019.jpg

e0305733_05573817.jpg




小城の江里山地区が有名だということで
家族を誘ってみましたが
「はっ!?  何で彼岸花をわざわざ見に行かなくちゃならないの!」
「その辺にいっぱい咲いてるじゃない!」
確かに、周辺は田園地帯なのでいっぱい咲いています(はい)

「でも、すごい数の花を見ることができるそうだよ。」
「オオキツネノカミソリみたいに、この辺りで見ることができないというならわかるけど、わざわざ彼岸花を見に行く理由がない。」
とあっさり却下されました。

確かに数は違うけど、毎年見慣れているもんな(うん)





・体重  71.0kg
・体脂肪率  25.0% 
・内臓脂肪レベル  13
・骨格筋率  32.8%
・体年齢  54 
・基礎代謝  1618kcal
・BMI  25.5

ウォ-キング 30分 30分






[PR]
by massuru2013 | 2016-09-28 06:03 | 山野の花 | Comments(0)

マルバルコウソウ

先日、白花を紹介しましたが
ここに来てオレンジ系が一気に開花しました
もちろん白花もたくさん咲いています。


e0305733_06354671.jpg



マルバルコウ
アメリカ原産。ヒルガオ科サツマイモ属のつる性一年草。江戸時代嘉永年間(1850年頃)に観賞用に渡来した帰化植物。草丈は3~4mで、星形の鮮やかなオレンジの花冠を開き、雄しべと雌しべが突き出ている。 本州中部以南の畑地、樹園地、牧草地、路傍、荒地に生育する。開花期は7~10月。警戒すべき帰化雑草で、大豆畑やトウモロコシ畑に侵入して生育阻害や大豆汚豆、収穫作業阻害などを起こす。

何気なく見ていましたが、農家にとっては危険な植物なんですね~



・体重  71.7kg
・体脂肪率  25.9% 
・内臓脂肪レベル  13
・骨格筋率  32.1%
・体年齢  55 
・基礎代謝  1623kcal
・BMI  25.7

ウォ-キング 30分






[PR]
by massuru2013 | 2016-09-27 06:42 | 山野の花 | Comments(0)

ムラサキセンブリ

この時期に咲く花のの中で、とっても楽しみにしている花の一つです

e0305733_10580086.jpg
センブリと比べて一回り以上大きく、色も濃淡はありますが、鮮やかな紫色で目を引きます
ただ、目立つので盗掘の心配が多く
毎年、はらはらしながら散策に行っています



ムラサキセンブリ
 リンドウ科センブリ属の1年草~越年草。山地の草地や斜面、 日当たりの良い粘土質の土壌に生える。普通のセンブリより草丈が大きく20~60cm、花もやや大きく直径2~3cm。茎は紫色を帯び、上部で分枝する。葉は対生。葉身は線形から線状披針形。長さ2~4cm。淡紫色の裂片には濃紫色のすじがあり、蜜腺溝の毛が長い。花冠は5裂する。センブリより苦味が弱く、薬用にしない。
花期は10~11月頃、本州(関東以西)、四国、九州




・体重  71.7g
・体脂肪率 24.3%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 33.2%
・体年齢 54
・基礎代謝 1634cal
・BMI 25.7
・万歩計 9000歩








[PR]
by massuru2013 | 2016-09-25 11:32 | 山野の花 | Comments(0)

ツルボ

水田の周りを散歩していると見かけました
これまであまり見かけなかったのですが、今年は多く見かけます
増えているのか、たまたま開花期に数多く散歩しているのかはわかりません

e0305733_09505191.jpg

雑草にしておくには、もったいないくらいの美しさです(はい)


ツルボ
キジカクシ科の草本。地下に球根があり、秋の初めにピンク色の花を密生した細長い穂を出す。球根のある多年生の草本。
花期は8-9月で、葉の間から細長い花茎を伸ばし、総状花序をその先端につける。花茎の高さは20-40cm、分枝せず、途中に葉はなく、また花序の基部に総苞はない。花序は細長い円筒形で下から開花して行き、長さ3-10cm、幅1.5-2cm。花は密集して並び、長さ3-6mmの花柄がある。花披片は6個あり、長楕円状倒披針形で長さ4mm、先端は尖り、淡紅紫色をなし、平らに開く。雄蘂は6本あり、花糸は紫で先端が細まる。子房には短い毛が3つの縦列になっている。
(ウィキペディア)



・体重  71.9g
・体脂肪率 27.1%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 31.2%
・体年齢 56
・基礎代謝 1617cal
・BMI 25.8
・万歩計 19000歩

5時間程度の山歩き・花散策










[PR]
by massuru2013 | 2016-09-24 10:00 | 山野の花 | Comments(0)