天山から南十字星

私は天文のことは良く分かりませんが
「天山」という記事に反応して読んでみました。


e0305733_06294726.jpg
                                      (2017年3月6日付 佐賀新聞)


見出しを見た瞬間、「えっ?」と思いました
北半球から南十字星が見えるわけないじゃん!

我々が知っている南十字星は、軍歌に出てくる「ラバウル小唄」です
(古すぎるかな……、笑)
赤道近くのラバウルあたりで見えるもの
そう思っていました(はい)

天山から見えるんですね~  また一つお利口さんになりました(*^^*)





・体重  71.2kg
・万歩計 12500歩
エアロバイク 30分 90分






[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-06 06:44 | 日々のこと | Comments(0)

マンサク

春ですね~  天山にマンサクが咲いていました

e0305733_10120344.jpg

マンサク(満作、万作、金縷梅、学名: Hamamelis japonica)
マンサク科マンサク属の落葉小高木。
マンサクの語源は明らかでないが、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれている。2-3月に葉に先駆けて花が咲く。花にはがく、花弁と雄蕊および仮雄蕊が4個ずつあり、雌蕊は2本の花柱を持つ。がくは赤褐色または緑色で円い。花弁は黄色で長さ1.5cmほどの細長いひも状になる。


アテツマンサク (天山に咲くのはアテツマンサクです。)
中国・四国地方(愛媛県)に分布する変種。萼片が黄色(マンサクの萼片は暗紫色)。葉の両面に星状毛がある。環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧(NT)。「アテツ」は岡山県の旧阿哲郡から。
(ウィキペディア)



・体重  71.5kg
・万歩計 12500歩
3時間弱の山歩き












[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-05 10:23 | 山野の花 | Comments(0)

弁財天信仰

鬼の鼻山~聖岳縦走をするとわかりますが
佐賀県は「弁財天信仰」が盛んだったことがわかります

e0305733_07003846.jpg
                                   (縦走路最高地点にある、福寿山の弁財天様)


e0305733_07005193.jpg
                                           (その隣山は弁天山です)


e0305733_06532072.jpg

e0305733_06533274.jpg
                                       (弁天様を祀った「聖岳」の聖神社)


「天山」も弁財天様だし、「脊振山」もそうです。



弁才天(べんざいてん)は、仏教の守護神である天部の一つ。ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー(Sarasvatī)が、仏教に取り込まれた呼び名である。神仏習合によって神道にも取り込まれ、様々な日本的変容を遂げた。
経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」だが、日本では後に財宝神としての性格が付与され、「才」が「財」の音に通じることから「弁財天」と表記する場合も多い。
日本の弁才天は、吉祥天その他の様々な神の一面を吸収し、インドや中国とは微妙に異なる特質をもち、本地垂迹では日本神話に登場する宗像三女神の一柱である市杵嶋姫命(いちきしまひめ)と同一視される。
「七福神」の一員として宝船に乗り、縁起物にもなっている。
元来インドの河神であることから、平安初期から末期にかけて仏僧が日本各地で活躍した水に関する事蹟(井戸、溜池、河川の治水など)に、また日本各地の水神や、記紀神話の代表的な海上神の市杵嶋姫命(宗像三女神)と神仏習合して、泉、島、港湾の入り口などに、弁天社や弁天堂として数多く祀。
明治の神仏分離の際に多くは神社となった。元々弁才天を祭神としていたが現在は市杵嶋姫命として祀る神社としては、奈良県の天河大弁財天社などがある。神奈川県の江島神社は主祭神を宗像三女神に改め、弁才天は摂社で祀られる。(ウィキペディア)

でも、なぜ佐賀県地方で信仰が盛んになったのかはわかりませんでした
今後の課題です(はい)


・体重  70.6kg
・体脂肪率 27.3%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 30.8%
・体年齢 56
・基礎代謝 1593kcal
・BMI 25.3
・万歩計 12000歩

エアロバイク 40分
バーベルベントロー(広背筋)27.5kg×15回 37.5kg×10回 45kg×13回 
              45kg×13回 45kg×10回 
リバースバーベルベントロー(広背筋)40kg×16回 40kg×14回
                  40kg×12回
アップライトロウ(僧帽筋)22.5kg×10回 32.5kg×9回 32.5kg×8回
バーベルカール(上腕二頭筋の筋肉) 32.5kg×10回 32.5kg×8回
コンセントレーションカール(上腕二頭筋の筋肉) 右 8.75kg×13回 
                        左 8.75kg×14回 
腹筋 1種目






[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-04 07:52 | 寺社 | Comments(0)

大町町 聖岳

鬼の鼻山~聖岳縦走路の折り返し地点にある「聖岳神社」

e0305733_06532072.jpg


e0305733_06533274.jpg


e0305733_06534613.jpg


ちょっと調べてみました。




標高四六七(正確には標高416m)メートルの聖岳は、白石平野を一望のもとに眺めるこ とができる展望地です。1200年ほど前から、修験者の修行の 場所で厳しい修行がなされていました。 山頂にある“聖岳神社”は、一般に「大町弁財天」、または「一石 弁財天」 、 「青葭(せいか)弁財天」などと呼ばれ、八〇〇年ほど前、 市杵島姫命が祭られ、五穀豊穣の守護神として崇拝されています。 また、大町八幡宮の奥の院といわれ、八幡宮を管理した玉台坊に よって主祭されていました。 毎年二回祭りがあり、春の「巳の日」の祭りには、白石地方はも とより、遠方より参拝者が多く、「巳(み)が作物に、青葭の埋肥の 如く利益を得て、反当たり一石以上の増収があるように」と熱心に 祈願したといわれています。 秋の新穀奉納税は、昭和十二、三年ごろまでは、大町八幡宮司に よって主祭されていましたが、その後は、白石町八坂神社宮司の主 祭に代わりました。 昭和十五年四月一日に、山口良吾氏の宮司の時、皇紀二千六百年 の事業として、煉瓦作りの拝殿と堀が造られました。
( 「2009年杵藤地区広域市町村圏組合消防本部年報」より)




・体重  71.1kg
・万歩計 20000歩
エアロバイク 40分 75分







[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-03 06:59 | 寺社 | Comments(0)

終息宣言

鳥インフルエンザの終息宣言がようやく出ました
毎日通っていた、消毒ポイントも撤去され
ひとまず安心かな!?  といったところですね(はい)

しかし、この強毒性インフルエンザウィルスが
人間同士でうつるようになるかもしれないパンデミックは、
いつ起こってもおかしくないという専門家の声もあり
その恐怖を抱えながら生きていかなければならないんですね~






・体重  70.5kg
・体脂肪率 26.7%
・内臓脂肪レベル 13
・骨格筋率 31.3%
・体年齢 55
・基礎代謝 1596kcal
・BMI 25.3
・万歩計 12700歩

エアロバイク 40分 
ストレッチ
バックプレス(肩の筋肉) 30kg×15回 40kg×10回 45kg×12回           
             45kg×9回  
ダンベルプレス(肩の筋肉)13.75kg×2×15回  3セット     
サイドレイズ(肩の筋肉) 8.75kg×2個×11回  3セット                                                       
クローズグリップベンチプレス(上腕三頭筋の筋肉)32.5kg×15回 47.5kg×15回 
             47.5kg×13回 47.5kg×12回 
フレンチプレス(上腕三頭筋の筋肉)27.5kg×6回  22.5kg×11回 
                 22.5kg×8回
                
背筋 1種目×3セット







[PR]
# by massuru2013 | 2017-03-03 01:16 | 日々のこと | Comments(0)